絵本

ぼくはレモネードやさん

小児がんを伝える絵本、ぼくはレモネードやさん。えいしましろう著。

令和元年 神奈川県児童福祉審議会推薦

優良図書

ぼくは、2018年に小児がんのことをくわしく書いた紙芝居『ぼくはレモネードやさん』を作りました。

 

その紙芝居が絵本になって、生活の医療社さんから、2019年8月30日に出版されることになりました。

 

小児がんを経験したぼくが伝えたいことを全部かいた絵本です。レモネードスタンドをやる理由、小児がんのことなどがくわしくかかれています。

 

たくさんのひとに読んでもらえたらうれしいです。ぜひ読んでみてください。

 

そして、みなさんに広く伝えてもらえたらうれしいです。

 

絵本の感想も教えてください。

 

絵本の売り上げの一部は、みんなのレモネードの会を通して小児がんための支援にしよう思います。

 

作者・えいしま しろう

 


読者の皆様より

教育・医療の現場やご家庭など、様々な場所で様々な方に読んで頂き、多くの反響を頂ています。

以下、当会に寄せられた絵本の感想の一部です。

小児脳腫瘍の絵本、小児がんを伝える絵本。

🍋四郎くんの絵本、淡々と書かれていて、それがまた、その後ろにどんな辛さがあるのだろうかと思います。知らないわたし達は治ったら、もう大丈夫なんだなって思ってしまうけど、治療の後もずっと大変なんだなということが、とてもわかりました。経験した人にしかわからないことを教えていただきました。

 

🍋どんなうまい絵よりも言葉よりも、伝わってくるものが大きかった。こちらがうける印象が強かった。子どもたちが。過酷な時間を積み重ねて生きている。それが、よく伝わってきました。

 

私はこうやって絵本を通して感じ、考えさせてもらうことしかできないけれど…本当に伝えてくれてありがとう!

 

🍋四郎君の絵本は、辛い事だけじゃなくて、楽しい時間や嬉しかった事も書いてあって、明るく前向きになれる本でした。

 

🍋素直…というか…言葉で上手く表現できない…ストレートというか…しろうくんの気持ちやお友だちのことも、すーっと入ってくるような、すごく心あたたかくなる本でした。

 

🍋絵本を読んで、同じように頑張っている仲間がいると思うと、自分だけじゃないと励みになる。

 

🍋きょうだいも本人も、絵本から「小児がん」という言葉を自然に受け入れてくれました。

 

🍋お空にいる患児のきょうだいです。学校にお気に入りの絵本として「ぼくはレモネードやさん」を紹介しました。

 

🍋前向きで、誰も傷付けないで、励ましてくれるしろうくんの絵本。通っていた学校の先生にお願いして、クラスで読んでもらいました。普段騒がしい子達もじっと聞いてグループディスカッションしてくれたそうです。

 

🍋親子で家族で本を読ませていただきました。ひとりひとりが毎日を大切にすごす、きっかけになりました。

 

 


購入方法

生活の医療社やアマゾンなどネット書店でも販売されています。また、全国の書店からご注文頂けます。

 

 

お願い

絵本『ぼくはレモネードやさん』の朗読を許可なくネットにあげたり、紙芝居などに印刷するのはやめてください。

 

小児がんの啓発に協力しようというお気持ちは、とてもありがたく、嬉しいのですが、この絵本は、ぼくがたくさん考え、工夫を重ねて完成させた大切な作品でもあります。

 

理解してもらえると、ありがたいです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

ぼくはレモネードやさん作者

えいしましろう